いろんなところで羊をパクリしてきたけど、


最強は大船の此処!
看板を蹴破る感動あります。(私ではありません)
あと、冷房なくても冷たい麦や
なんやの飲み物が沁みるほど
美味しいです。


夏の王様』音楽祭!
私も少しだけ夏の歌を歌いました。
こんな感じ(気分)でお待ちしてました。
ビキニよ〜気分、気分(笑)
そしてみんなが夏の王様だったね。
女王様もいたね。
久しぶりに御一緒したリグレッツも、いと楽し。


ずっと行きたかった下北沢の
カレー屋さん旧ヤム邸。
もちろん葡萄が目印で到着。
キーマ全部のせに温玉を付けて、
スパイスが複雑で脳細胞が唸ってました。

まるで砂漠の街にいるようなマンダラに、冷たい白ワインが沁みて、
TAKEAさんと仲間達のベリーダンスAUM!
地下を揺るがすような音楽に、闇もある繊細な美しさに、
力強くもあるダンスは夢を見ているようでした。
TAKEAさんのスカートの裾がフラメンコのように強く揺れたり、
見抜かれそうな目力に大好きなジプシーキャラバンを思い出した。

柚木沙弥郎さんを、雨でも賑わう日本民芸館に見にくと


生きることの楽しいのが
沢山沢山つたわって、
鳥が楽しくさえずるようでした。
一緒に空気を深く吸い込んでるように思いながら、
その日は柳宗悦宅にも訪問できた。

いつもはバイオリン持って降りるOPENの階段を降りると
MasonBrothersのDJナイト!
ビックリの曲ばっかりの波平さんチョイスに、
イケイケのフィンガー5
沖縄どっぷりのFrograph加藤さんチョイスを
巨大スピーカーシステム音浴で、ハァ〜ビバビバ!

私は以前から一色さんは、
唯一日本の外タレと呼んでいますが、
明日はなんと御一緒させて頂く栄誉を授かりました。
KinkyなBeatleなエジソンライトハウスにもなれるような
貴重な時間です。
是非ご来場ください。
もれなくハシビロコウ音楽祭のレアものフライヤが付いていたのです。

8月17日(金)は
渋谷LOFT HEAVEN(元ラストワルツ)で
絶滅危惧種ハシビロコウのお祭り!
ずっと一緒に地球に居たいと歌います。
この私の想いも詰まった音源は
当日CDで買えますよ。
https://youtu.be/w4dnJXPtSao

大好きな石ちゃん(ホンジャマカ石塚さん)の番組に、
チラリ出たミオストリングス洋乃と洋香。
光栄です!

『音楽はどこにいくのかな 前月祭』

2018年7月4日(水) 大久保 ひかりのうま

『音楽はどこにいくのかな 前月祭』

【出演】
一色進(ジャック達)+美尾洋乃
姫乃たま+小森清貴(壊れかけのテープレコーダーズ)
遊佐春菜(壊れかけのテープレコーダーズ)+松尾翔平(Super Ganbari Goal Keepers)

OPEN/START 19:00/19:30
ADV/DOOR ¥2,500/¥2,800 (+1D)

※前売予約→halfbrokentaperecorders@gmail.com

SBS(静岡のテレビ局)で 大好きな石ちゃん(石塚英彦さん)が、

ホーム池田の森にマイウ〜取材!(もちろん天然酵母のパン)
そしてミオストリングスの暴れライブ姿もオンエァ……嬉しい。


6月12日OPENの練習は新しい冒険をして、
マルヒデに着地した。
そしてハシビロコウの録音は
鳥族が沢山見守っているようでした。


録音帰りに憧れてた大泉学園アッケシに行くと、
ざっくり美味しいビックサイズの数々、
そしてホッケも。
完全に魚油漬けになった私は健康的に倒れた。


OPENのミオストリングスwith MasonBrothersは
ボブマーレーに見守られて盛り上がった。
そしてちょうど香香の一歳のお誕生日!
翌日1日遅れで御祝いに上野に駆けつけて、
初めて会った香香と少しだけ目が合った(と思う)


魚族の近くに行った。
意外にも海月が心に迫って来たけど、
人間の中で育ったイルカ達のショーは迫らず、
そして先輩が店番をしている旧い店から
貝のウサギが家にやって来た。
民芸の店からもウサちゃん来た❣
貝の方は尻尾の貝がたまりません。

上野のハシビロコウに逢いに、
噂通りの佇まいでお尻を向けてのうずくまり姿にガッカリしてたら、
ハシビロコウ音楽祭の念が通じたかチラ見された。
音楽祭は8月17日に渋谷LOFTHEAVEN(元Last Waltz)で開催!
予約開始ですよ〜!
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/heaven/92142

『今夜はヴァイオリン Vol.3』

2018年6月12日 新宿 REGGAE / DUB club OPEN 
『今夜はヴァイオリン Vol.3』
  
ミオストリングス(美尾洋乃&洋香)
with Mason Brothers(藤村憲正&舟久保浩司)&加藤敦之

PHOTOS BY SATOSHI TOYAMA

Live情報

2018年06月12日(火)Reggae DUB Club OPEN

『ミオ ストリングス  今宵はヴァイオリン vol.3』


出演:
美尾ストリングス 
    美尾 洋乃        
    美尾 洋香

Mason Brothers 
    藤村 憲正(Gt)       
    舟久保 浩司(Gt)         
    加藤 敦之(B)

DUB mix     
    工藤“Big H”晴康

D.J´s     
    丸茂 太郎、         
    SKYLINE SOUND      
    アフロ波平 

18:00〜24:00

Live Start:20:00〜

料金:No Charge(投げ銭スタイル)
会場:Reggae DUB Club OPEN
新宿区新宿2-5-15 第一山興ビルB1
Tel:03-3226-8855

初夏のミオストリングスと楽しい音楽仲間のライブ!です。
今回も賑々しく、ハッピー・サウンドをお届けします。
お越しをお待ちしております。

早起きして飛び乗った新幹線で

 
あっとゆうまに金沢に!
雨上がりの緑が濃い兼六園や、
近江町市場を堪能して、
永平寺で白山の龍や深い翠の間を
彷徨うように居てみました。
山を下り魯山人のいた場所に座って
庭を眺めて山中温泉に浸かってみたのです。

 

ずっと海に行きたかったなっと、
それはエルトポみたいな親子と、
遠くに釣り人が一人しかいない
静かな日本海でかないました。


雨の金沢は色んな雨が降って、
成巽閣の庭の匂いや、
鈴木大拙館や池や樹々は、
大きなものに包まれている事を
感じさせてくれました。
そしてはしゃいで行く学生達が
風に乗って行きました。

   
長く憧れていた雪椿にいると、
これまでの時間にありがとうが言えて、
21世紀美術館に翻弄されながら脳がほぐれました。


東茶屋街は観光地だったけど、
お茶屋さん志摩には
旧い時間が残っていました。
そして金沢から
ビール飲んでる間に戻りました。

日本橋亭で琴柑さんの講談:里見八犬伝 第二回。
出会って、別れて、闘って、生きて、亡くなっての
数えきれない重なりを浴びるように見て、
何回も何回も生きた気分になりました。

草薙の山で、


今年初めての
アゲハ蝶と会いました。
予定していても
必ずって事はなく、
ミオストリングスの野外ライブも
宇宙しだい…って
思っていました。

草薙様のおかげで、
池田の森は嵐で洗われ、
気持ちいい風に私達の音は
乗って流れていきました。
蛤太郎さんは歌わないでお参りしてました。


大久保なのに、
地方に来たように、
温かくて懐かしく美味しかった。
しかも夜が早いのも
地方の呑み屋みたいな瀧元でした。


蛤太郎こと山下さんと、
カメラの遠山さんの御尽力で、
今年の吉祥弁天雛祭りのライブ映像を、
初夏の満月のモモガルテン
楽しく観たのです。
ミオストリングスは
Takeaさんと蛤太郎さんの踊りに彩られて、
スクリーンから風が吹いてくるようでした。
そして店には沢山の猫達も一緒でした。
  

Live情報

2018年4月15日(日)

静岡市駿河区池田の森<春の池田の森の市>

ミオストリングス・ミニコンサート

<時間>
13:30〜
15:00〜

お代は投げ銭で!
踊りだしたくなるような曲を
取り揃えて春の市を賑やかに彩ります。

※池田の森の市は、14日と15日開催予定ですが、
 ミオストリングスは15日のみの出演です。

お散歩やお買い物や美味しい物と一緒に音楽のひと時をお過ごし下さい。

昼下がりのニヒル牛で、


アカネちゃんとウツオさんの歌が
柱時計と何度も同じテンポで、
少しずれるのも気持ちよくて
足から根が生えそうになりながら
青木さんの旅日記を読んだ。


すっかり遠い町で息をしている気分で、
高井戸の露天風呂で夜桜を見ながら、
月がお湯に溶けるように滲んでました。
そして帰って次々河内音頭を聴きまくって
心がピョンピョン跳ねるのが面白かった。


今年の桜から家康の鷹匠の街で
私達と鳥達と風も、
降りしきる薄紅色の
花びらの喜びの中にいて、
バイオリン弾いて歌いました。


鷹匠さくら祭りの美尾ストリングスが
静岡新聞に載ってるって報せが入った!
写真は一緒に出た
カントリーのバンドさんだけど。。。

桜は今では御衣黄桜が張り切っていて、
見かけると嬉しい。
先日の皆さまからの温かな御心使いで
部屋いっぱいが春の気配です。
鮮やかなソープフラワーは
いずれアワアワのバブルバスで
憧れのジョンレノンみたいにしてみます。
アワアワってモフモフと同じに優しい。